活動報告


【青少年育成委員会より】 6月6日(木) りんごの摘果作業

6月6日(木)、まち協で管理している牧ヶ洞の果樹園にて清見中の2年生28人がりんごの摘果作業を行いました。
15アールの敷地内にはふじ30本、王林とシナノスイート各1本の計32本が栽培されています。
大林果樹園の大林茂さんのご指導のもと、総合的な学習の一環として、年間4回の作業を行います。
例年、りんごの木は一本あたり200~250個の実を付けます。しかし、今年は天候不良のため、稀に見る不作の年となり、わずかな量しか実がなりませんでした。
この日は最高気温29度の夏日。熱中症が心配される中、6つの班に分かれた生徒たちは剪定ばさみを手に、互いに声をかけ協力しながら、懸命に作業を進めてくれました。
「少数精鋭」となった今年のりんご。11月の収穫の日まで大切に育てていきたいですね。
次の作業は今月2日、りんごの袋掛けを予定しています。

20190606_05_tekika

摘果すべきりんごを品定めしている生徒たち

20190606_tekika

真剣な表情が凛々しいです

【本部・町内会より】 5月31日(金) 町内からの情報提供(要望書)による現地調査

5月31日(金)、全町内会から提出のあった平成31年度(令和元年)情報提供書(要望書)の現地調査を、まち協役員(まち協会長、副会長2名、事務局長)及び支所職員9人で現地調査を実施しました。

今年度は道路の舗装修繕や河川の改修など計120件の要望が寄せられました。

丸一日かけて全地域を巡回し、修繕箇所を確認しました。

6月4日(水)、上記の現地調査に基づき、まち協役員、支所職員、町内会副会長2名が加わって、「情報提供」検討会を行い、優先順位をつけたものを本庁に提出しました。

今後、優先順位が高いものより修繕作業に取り掛かる予定となっております。

「住みやすく、笑顔でみんながいきいきと暮らせるまち」の実現にむけ、各地域が抱える問題を早急に解決していきます。

 

20190531_01

 

 

【生涯学習委員会より】 5月18日(土) 藤瀬ロード花壇 花植え作業

5月18日(土)、清見支所親睦会の会員や生涯学習委員、地域の方々、まち協関係者等25人がせせらぎ街道沿いの藤瀬ロード花壇にて、マツバギクの花植え作業を行いました。

マツバギクは春から初夏にかけて、菊に似た赤紫色の愛らしい花を咲かせる多年草です。

開花する頃には通学通勤の人々やツーリング客などの目を楽しませてくれることでしょう。

20190518_hp

【文化財委員会より】 4月28日(土)  小鳥峠の電柵設置と遊歩道の整備作業

4月28日(土)、水芭蕉(市の天然記念物指定)やザゼンソウなどが生息する小鳥峠湿原植物群落地にて、イノシシ等害獣の侵入を防ぐための電柵を設置しました。

ゴールデンウィーク初日のご多忙な中、文化財委員及び町内会の20人の皆さんにご協力いただきました。

また倒木によって崩落した遊歩道の修理も同時に行いました。

清見町の花の名所としても名高い当群落地。5月初旬には水芭蕉が開花し、多くの人々の目を楽しませています。今後も子々孫々に至るまでこの光景を残していきたいものですね。

20190428_hp

【町内会】平成31年度 清見町町内会 役員・町内会長 

20190411_01_hp平成31年度 清見町連合町内会役員

役 職 氏 名
会 長 井口 直樹
副会長 屋上 寿志
副会長 櫻井 浩臣

平成31年度 各地区町内会長のみなさん

地 区 氏 名
三日町 釜谷 勝己
牧ヶ洞 田中  猛
藤 瀬 木戸 秀行
福 寄 屋上 寿志
三ツ谷 洞垣内 裕一
坂 下 谷口 雅巳
巣野俣 櫻井 浩臣
楢 谷 伊香 賢治
大 原 中澤 治雄
上小鳥 隣垣 政道
夏 厩 岩高  勳
二本木 田中 信一
池 本 南  裕之

 

【町内会より】 3月15日(金) 第1回 清見地区 防災対応促進委員会

3月15日(金)、きよみ館2階会議室にて、第1回防災対応促進委員会を開催しました。

委員長の上坪会長、各地域の自主防災組織隊長の皆さんをはじめとする22人の皆さんが出席しました。

まず当委員会のオブザーバーとして迎えた、高山市民防災研究会事務局長の岩茸伸一氏による講演「機能する自主防災組織づくりと避難所の開設と運営について」が行われました。

続いて、防災委員会の設立の趣旨や回答率80%という住民の高い関心を伺わせる防災アンケートを基にした具体的な取り組みについて説明しました。

自主防災組織隊長のみなさんより質問や貴重な意見を次々といただき、委員会は大変意義のあるものとなりました。

近年、清見町は6回もの甚大な災害に見舞われております。住民のみなさんが安心・安全に暮らせる環境整備を推し進めていくことは急務です。

みなさんのご意見を参考にし、平成31年度に向けて、具体的な取り組みに努めてまいります。20190315_01_hp

【青少年育成委員会より】 3月14日(木) おひなまつり会&閉級式

まち協の神田事務局長のおはなしからはじまった3月のわくわく教室。

3月におたんじょうびを迎えるおともだちに手形つきのたんじょうびカードをプレゼントしたあとは、おかあさん達による絵本の読み聞かせが。みんないいお顔で聞いてくれたね。

折り紙でおひなさまを作り、子どもサーキットでからだをいっぱい動かしたあとは、おひなさま、おだいりさまの格好をしておひなまつりごっこをしました。おともだちの晴れ姿を写真におさめていたおかあさん達の笑顔がとても印象的でした。

最後はみんなでテーブルを囲んでお弁当タイム!おいしかったね。

今年、卒わくするおともだちは10人。わくわく教室の丸山先生からひとりひとりに卒わくカードが贈られました。

4月からわくわく教室でみんなの元気な顔が見られなくてさびしくなっちゃうけれど、保育園に行っても、わくわく教室のことを忘れないでね。

20190314_01_hp

とても可愛いおだいりさまとおひなさまです

20190314_03

ママに絵本を読んでもらってうれしいな

20190314_02_hp

子どもサーキットでいっぱい体を動かしてます

【青少年育成委員会より】 2月28日(木) 第3回 人権教育推進委員会

2月28日(木)、3年間に及ぶ文科省指定「人権教育総合推進地域事業」のしめくくりとして第3回清見地域人権教育推進委員会を行いました。

まち協の上坪会長、中谷副会長、小・中学校の校長はじめ15人のみなさんが出席しました。

最初に清見中学校教頭の菱田正紀先生より2月16日(土)に行われた人権講演会での取組発表の概要など、3年間のあゆみや次年度以降の方向性が述べられました。

続いて、教育委員会の梶田哲也指導主事より「清見を発信源とした人権教育の輪を、やがては高山市全体に広げて行かれることを期待しています」とのご指導をいただきました。

清見地域人権教育推進委員会はこの3年間で培った人権教育を継続するため、来年度以降も引き続き、「清見あったか子育て会議」の中に位置づけ、取り組む事となりました。20190228_02_01_hp

【青少年育成委員会より】 2月14日(木) わくわく教室「おやつづくり」

2月14日(木)、福祉センターにて、わくわくのおともだちはおやつづくりにチャレンジしました。
ボールの中に白玉粉とジュースを入れて、こねこねこねこね。
手のひらでおだんごにしたあと、先生にゆでてもらったよ。
だんごがゆであがったら、フルーツをトッピング。白玉団子入りフルーツポンチが出来上がりました。
みんなでおなかいっぱい食べたよ!とってもおいしかったなぁ。

wakuwaku_01wakuwaku_02wakuwaku_03

【生涯学習委員会より】 1月17日(木)~2月24日(日) 新春書初め展

1月17日(木)から約40日間にわたり開催した新春書初め展。
前半の2月3日(日)までは、書道教室や清見中生徒、一般の皆さんの力作が、また後半の2月5日(火)からは清見小学校全校児童136人の作品がずらりと並びました。
大変壮観で見応え満点!訪れる人々の目を楽しませていました。

ippan_20190117_01kakizome_01 kakizome_02