活動報告


【青少年育成委員会より】 11月13日(日) りんご収穫祭

晴天に恵まれたこの日、清見中学校全校生徒によるりんごの収穫祭を行いました。

あじかを背負った収穫チームによって次々とりんごがもぎ取られ、140個の青いコンテナに選別チームの手で分けられた約5000個のりんごで一杯になりました。作業の合間、試食のりんごに舌鼓を打ちながら作業は無事に終了。お手伝いの皆さんに感謝の言葉を述べ、お礼の合唱を披露しました。

そして学校への帰り道ではゴミ拾いに勤しむ生徒たちの姿が見られました。

りんごの収穫風景

りんごの収穫風景

20181113_2_hp

【生涯学習委員会より】 11月4日(日) 第3回 清見町文化祭

 

11月4日(日)、清見中学校体育館にて「第3回 清見町文化祭」を開催しました。

保・小・中、そして一般の計18組の皆さんが日頃の学習や練習の成果を発表しました。

笑いあり、涙あり、感動ありのステージで発表が終わるたびに相手が沸き起こりました。

bunkasai_mainbunkasai_01bunkasai_02bunkasai_03bunkasai_04

【生涯学習委員会より】 10月28日(日) 清見文化作品展

清見小学校体育館にて、「清見文化作品展」を開催しました。
保育園児、小·中学生、一般の皆さんによる立華、絵画、盆栽や生け花、写真、工芸、書など数多くの力作が勢ぞろいし、多くの来場客の目を惹いていました。
また同会場では清見中3年生によるお茶席が設けられ、お点前を披露しました。

文化作品展会場の様子

文化作品展会場の様子

文化作品展の様子

 

【イベント実行委員会より】 10月28日(日) ひだ清見紅葉まつり

紅葉も見頃を迎え、秋晴れとなった10月28日、ひだ清見紅葉まつりでは約9000人の来場者があり、各飲食ブースや体験コーナー、ステージパフォーマンスを満喫しました。

オープニング 清見ちびっこ太鼓

オープニング 清見ちびっこ太鼓

来賓としてご登壇の(左から)西倉副市長、高殿県会議員、松葉市会議員

来賓としてご登壇の(左から)西倉副市長、高殿県会議員、松葉市会議員

司会の遠藤尚美ナビゲーター(HITS FM)

司会の遠藤尚美ナビゲーター(HITS FM)

ステージに見入る観客のみなさん

ステージに見入る観客のみなさん

まつりの様子

まつりの様子

エネポのブースで巻き割りをする子どもたち

エネポのブースで巻き割りをする子どもたち

食育マイスター賞を受賞した中学生のブースが登場!好評を博しました

食育マイスター賞を受賞した中学生のブースが登場!好評を博しました

【青少年育成委員会より】 10月18日(木) 寿りんごシール貼り

まち協で管理している果樹園にて、清見中2年生が寿りんごのシール貼り作業を行いました。

7月にかぶせた袋を外し、まだ色づいていないりんごに「寿」のシールを貼ることで、りんごが赤くなる頃には文字が浮き出てくるしくみ。

生徒たちは「寿」のシールを上手に台紙からはがし、次々と貼っていきました。

11月はいよいよ収穫祭!みんな楽しみにしています。

シール貼りに取り組む生徒

シール貼りに取り組む生徒

慎重にシールを貼っていきます

慎重にシールを貼っていきます

 

 

【青少年育成委員会より】 9月29日(土) わくわく教室 やきいもパーティ 

この日はあいにくの雨。里人学校隣の講堂をお借りして行いました。

生のさつまいもを新聞紙で包み、濡らしてアルミホイルでくるんだら、やきいも名人の切田さんと助っ人の辻之内さんに焼いてもらいます。

やきいもが焼けるのを待っている間、工作でストローのひこうきを作って飛ばしたり、絵本や紙しばいを読んでもらったよ。

その間に中は黄金色、ほっくほくのおいもが焼きあがりました。更生保護女性会清見分会の皆さんお手製の美味しい豚汁も登場!みんなでおなかいっぱい食べました。

みんなでさつまいもを焼くための準備をしています

20180929_03

切田さん(左)と辻之内さん

20180926_04

さあ、やきいもが焼きあがりましたよ!

20180929_01

豚汁をよそってもらってます

 

【女性委員会より】 9月26日(水) 第2回 女性委員会講座 

アロマワックスバーづくり

「正プラス(株)」の住友子さんを講師に迎え、女性委員会講座を開催しました。ハンドメイド好きの女性から人気のアロマワックスバーを作りました。湯煎したミツロウを型に流しこんだあと、ドライフラワーなどで飾ります。
終盤には代表取締役の稲本正さんがご登場というサプライズが!国産アロマの良さについてのお話をしてくださいました。
やがて57人の素敵な作品が出来上がりました。参加者からは「アロマの香りに癒されました」と喜びの声が聞かれました。

受講者の制作風景①

参加者の制作風景①

受講者の制作風景②

参加者の制作風景②

サンプルとして展示された完成品

サンプルとして展示された完成品

参加者に国産アロマについて説明する稲本さん

参加者に国産アロマについて説明する稲本正さん

【本部より】 9月19日(水) 市民と市長の対話集会 

9月19日(水)の夜、きよみ館大会議室にて、國島芳明高山市長を迎え、「市民と市長の対話集会」を開催しました。
地域が置かれている現状や要望を市長に直接伝えることができる貴重な機会。
町内会長や地域の皆さん約50人がこの夏に起こった災害時に受けた被害への対策、災害時における全地域への速やかな情報伝達、地域活性化への協力などの要望を伝えました。
國島市長は要望の一つ一つに丁寧に回答してくださいました。
住民ひとりひとりが安全で安心に暮らせる町への実現に向けての一歩に繋がっていくことでしょう。

國島市長の挨拶

國島市長の挨拶

地域の人々の要望に耳を傾ける國島市長

地域の人々の要望に耳を傾ける國島市長

【イベント実行委員会より】 8月18日(土) きよみ夏祭り2018

今年もやってまいりました、待ちに待ってたきよみ夏祭り!

この日も沢山の皆さんにご来場いただきました。

来場者の皆さんは盆踊りやゆかた美人コンテスト、ステージで繰り広げられる数々のアトラクションを楽しみました。

そしてフィナーレは打ち上げ花火!

清見の夜空に大輪の花が次々と開きました。

 

司会はヒッツFMの看板ナビゲーター、遠藤尚美さん(左)と清若会から三田翔平さん

司会はヒッツFMの看板ナビゲーター、遠藤尚美さん(左)と清若会の三田翔平さん

オープニングを飾った可愛いチアダンスのお子さんたち

オープニングを飾った元気いっぱいのチアダンス!

清見の民謡団体「むつみ会」の生演奏による盆踊りは夏祭りの名物となりました

清見の民謡団体「むつみ会」の生演奏による盆踊りは夏祭りの名物となりました

フィナーレは打ち上げ花火!いたるところで歓声が聞こえてきました

フィナーレは打ち上げ花火!いたるところで歓声が聞こえてきました

【文化財委員会より】 8月12日(日) 我がふるさとの史跡めぐり

8月12日(日)、幼児から一般の26人が町内の史跡めぐりを行いました。
高山市教育委員会文化財課の押井正行さんから清見町を中心とした高山市の史跡や文化財のお話を伺った後、ふるさと会館の裏へ移動し、天然記念物(市指定)、カワシンジュガイと触れ合いました。
その後、バスに乗り、県指定の天然記念物、二つ葉グリ(三日町)と市指定の有形文化財、門端縄文住居址(上小鳥)を訪ねました。住居址の向かいにある、弘誓寺の本堂には貴重な縄文時代中期末頃(4000~5000年前)の出土品の数々が展示されています。押井さんは参加者の質問に丁寧に答えてくださいました。

カワシンジュガイとのふれあい

カワシンジュガイとのふれあい

門端縄文住居址に興味しんしんの子ども達

門端縄文住居址に興味しんしんの子ども達

弘誓寺本堂にて縄文時代の出土品の数々を前に(右端は押井さん)

弘誓寺本堂にて縄文時代の出土品の数々を前に(右端は押井さん)