活動報告


【青少年育成委員会より】12月12日(木) わくわく教室 クリスマス会

毎年恒例、わくわくのクリスマス会。7組の親子が参加してくれたよ。

ゲストに「おでかけ隊」の中沢さんと川端さんをお迎えし、手遊びやクリスマスの歌に合わせて楽器遊び、読み聞かせ、クリスマスにちなんだ工作にパネルシアター…盛りだくさんの内容で楽しんだよ。

いよいよ待ちに待ったサンタさんの登場です!

愛嬌たっぷりのサンタさんはおともだちに大人気!

一人一人にプレゼントを手渡ししてくれました。

しめくくりはママたちが朝早くから準備してくれたクリスマスケーキ!見た目も味も本格的で、ほっぺが落ちそう!みんな大満足でした。

20191212_xmas

クリスマス会の様子

【長寿委員会より】12月10日(火) 第3回 高齢者教室

12月10日(火)、三日町ふるさと会館にて、第3回の高齢者教室を行いました。師走の忙しない中、約60人の皆さんが参加しました。

了徳寺の佐藤住職による、大原騒動の義民および長寿会物故者の法要が執り行われた後、高山警察署清見駐在所の關谷巡査部長より、交通安全についてお話を聞きました。

そしておまちかね。飛騨で大人気の福祉寸劇コンビ、「マッキー&のりか」の登場です。

結成11年目、講演回数は400回を超え、清見でもすっかりおなじみとなったお2人です。今回はニューフェイスのまなさんが加わり、内容も面白さも更にパワーアップ!

「認知症」「振り込め詐欺」など高齢者を取り巻く深刻な問題を扱った寸劇は、飛騨弁を交えて、コミカルで分かりやすく、息つく間もないほどの爆笑の渦を巻き起こしました。

その後はJAひだ「山びこの会清見班」の皆さんが腕によりをかけたお弁当を囲んで懇親会。

参加者の皆さんは気が置けない話で盛り上がり、ゲストの民謡むつみ会の皆さんによる三味線演奏や健康サロンの皆さんの踊り「東京ドドンパ娘」などを楽しみました。

20191210_kourei

左上·右上共:「マッキー&のりか」による寸劇  左下:「山びこの会」による手作り弁当         右下:「民謡むつみ会」と「健康サロン」のコラボ

 

 

 

 

 

【本部·町内会より】11月10日(日) 藤瀬町内会の自主防災訓練

昨年発生した台風15号・19号は、未曾有の暴風雨により日本列島に甚大な被害をもたらしました。

藤瀬町内会では、このような今後起こり得る災害に備え、地区の自主防災組織の見直しを行いました。

11月10日(日)、町内会長の木戸秀行さんと自主防災隊長の岩田幸司さんの呼びかけで、避難場所の一つに指定されている藤瀬研修センターにて「第1回 藤瀬自主防災訓練」を実施しました。

今回の訓練は住民同士が協力・連携し、災害から「自分たちの地域は自分たちで守る」ため、活動することを目的としています。

訓練は「安否確認訓練」「避難訓練」「救護訓練」「炊出し訓練」の4つ。

居住地をもとにした4班18組に分かれ、避難訓練では班長の指示に従い組ごとで移動、救護訓練では動けない人を運ぶことを想定し応急担架を用いるなど、とても実践的なものでした。

訓練終了後は、助言者の方々より講評及び今後の訓練の実施に活かせる貴重な意見をいただきました。

訓練に参加した皆さんからは「実際に起こった時を想定した訓練で非常にためになりました」という感想や「高齢者の避難方法も考えてほしい」という要望が寄せられました。

20191110_fujise

避難住民の受付の様子(画像提供:藤瀬町内会)

【青少年育成委員会より】 11月21日(木) 人権タウンミーティング

11月21日(木)、清見中学校体育館にて、清見小・中の子ども達やその保護者、地域の人々を交えた、「人権タウンミーティング」を行いました。

第1部は2016年開催のリオデジャネイロパラリンピックの閉会式等で、日本中に鮮烈な印象を与えた義足のダンサー、大前光市さん(下呂市出身)の講演です。

大前さんは20代の頃、あるバレエ団の最終オーディションの当日に交通事故に遭い左足を切断、義足になりました。絶望の淵から這い上がり試行錯誤を繰り返しながら、世界的に活躍するダンサーとして名を馳せるようになった大前さんの話と素晴らしいパフォーマンスの数々に、会場は感動の渦に包まれました。

第2部は、参加者がグループに分かれて人権集会が行われ、それぞれの人権に対する思いを伝えました。

20191121_hp

【長寿委員会より】 11月20日(水) 小学4年生とのふれあい交流会

11月20日(水)、清見小にて長寿委員会主催のふれあい交流会を行いました。4年生の児童25人と高齢者18人が参加しました。

体育館に集合し、6つのグループに分かれ、子ども達が考えた手づくりのゲームを楽しみました。

その後、多目的室に移動し、テーブルを囲んだ給食タイム。子ども達と高齢者のみなさんは美味しい給食を食べながら語り、肩たたきでふれあいました。

最後に、子ども達が高齢者のみなさんへのお礼として、今大人気の「パプリカ」を、歌とダンスで元気いっぱいに披露しました。

20191120_hureai_hp

【体育委員会より】 11月17日(日) 第5回 ソフトミニバレーのつどい

11月17日(日)、清見B&G海洋センターにて、「第5回 ソフトミニバレーのつどい」を開催しました。

中学生を含む一般8チーム、ジュニア3チームが参加し、一般A・Bブロック、そしてジュニアブロックの三箇所に分かれ、リーグ戦で行いました。

熱い闘いが繰り広げられ、会場のいたるところで歓声が上がりました。

上位入賞チームは下記の通りです。おめでとうございます!

20191117_vphp

【文化財委員会より】 11月17日(日) 水芭蕉群生地の電柵撤去作業

11月17日(日)、文化財委員・町内会のみなさん計15人が、小鳥峠水芭蕉群生地に春から秋の間に張っていた、猪など獣対策の電柵撤去及び歩道橋の清掃作業を行いました。

前日の雨で足元が滑りやすい上に、霧の深い悪天候でしたが、みなさんによる懸命な作業のおかげで、無事に完了する事ができました。

 

20191117_densaku_hp

 

【青少年育成委員会より】 11月15日(金) 寿りんごの収穫作業

11月15日(金)、まち協で管理している果樹園にて、りんご栽培の集大成、清見中学校全校生徒による寿りんごの収穫作業を行いました。

生徒たちは黄色いあじかを肩に、りんごをもぎ取っていきます。

中には脚立を駆使し、自分たちの身長の倍以上もある高い位置のりんごにチャレンジする、頼もしい姿もみられました。

収穫したりんごはブルーシートに広げ、大きさによってに分類された採集コンテナに納めていきます。

50個以上あったコンテナは見る見るうちに満杯になりました。

作業の合間にはお手伝いの人たちにむいてもらったりんごの試食。トレーいっぱいに盛られたりんごは生徒たちに大人気で、あっという間になくなっていきました。

20191115_ringo_hp

 

 

【青少年育成委員会より】11月14日(木) おもちゃづくり

11月のわくわく教室は福祉センターでおもちゃづくりにチャレンジ!6組の親子が参加しました。

おもちゃはびっくり風船・マラカス・紙飛行機の豪華三本立て!材料はストローや紙コップ、乳酸飲料の容器などおうちにあるもので出来ちゃうんです。

作ったおもちゃはシールやマジックペンでデコレーション、世界で一つのオリジナルに!とても素敵に完成しました。

わくわくのおともだちは自分たちで作ったびっくり風船を膨らませたり、紙飛行機を飛ばして遊んだよ。とっても楽しかったね!

20191114_omocha_hp

【生涯学習委員会より】11月4日(振休) 第4回 清見町文化祭

11月4日(振休)、清見中学校体育館にて「第4回清見町文化祭」を開催しました。

保育園、小・中学校及び町内の文化サークル8団体が、日頃の学習の成果を披露しました。

また今年は3年に一度の飛騨高山文化芸術祭こだま~れの開催年にあたり、その一環で飛騨春慶の弦楽器を用いた「飛騨春慶弦楽器カルテット」による演奏が行われ、会場は美しい音色に包まれました。

20191104_hp