活動報告


【生涯学習委員会より】6月14日(日) 清見花の日

今年の「清見花の日」は6月14日(日)でしたが、この日はあいにくの雨模様。各地区のみなさんはこの日の前後に集まって、花壇にそれぞれコキア、サルビア、マリーゴールドなど色鮮やかな花を植えました。
こうしてみなさんの手によって植えられた花々は、やがてまちを彩り、人々を笑顔にしてくれることでしょう。

20200614

【生涯学習委員会より】1月16日(木)~2月24日(月) 新春書き初め展

1月16日(木)から40日間、きよみ館2階ロビーにて開催した、新春書き初め展。
2月2日(日)までは中学生・書道教室・一般の皆さんの作品を、また2月4日(火)から24日(月)は清見小全児童の作品を展示しました。
新たな年を迎え、希望を胸にし、筆に込められた力作の数々は見ごたえ満点。訪れる人々の目をひいていました。

daiji_01

市会議員の中谷省悟さんによる題字

5nen

小学校での5年生の書き初めの様子(提供:清見小学校)

3nen

3年生「美しい心」

4nen

4年生「流れる星」

6nen

6年生らしいお題の「新たな決意」

【生涯学習委員会より】11月4日(振休) 第4回 清見町文化祭

11月4日(振休)、清見中学校体育館にて「第4回清見町文化祭」を開催しました。

保育園、小・中学校及び町内の文化サークル8団体が、日頃の学習の成果を披露しました。

また今年は3年に一度の飛騨高山文化芸術祭こだま~れの開催年にあたり、その一環で飛騨春慶の弦楽器を用いた「飛騨春慶弦楽器カルテット」による演奏が行われ、会場は美しい音色に包まれました。

20191104_hp

【生涯学習委員会より】 10月27日(日) 清見文化作品展

ひだ清見紅葉まつりと日を同じくして、清見小学校体育館にて清見文化作品展を開催しました。
保・小・中の子どもたちや一般の皆さんの作品が勢ぞろい!
また、清見中3年生によるお茶席も設けられ、日頃の学習の成果としてお点前を披露しました。

20191027_03_hp

【生涯学習委員会より】 6月11日(火) 第11回 きよみ寄席

今年も水無月のお楽しみ、(一社)落語協会所属の一流どころの落語家を迎え、年に一度の「きよみ寄席」を開催しました。
6月11日(火)、満を持して「きよみ寄席」の高座にあがったのは「イッチョウ懸命」がキャッチフレーズで出囃子は「菖蒲浴衣」、江戸落語の大御所、春風亭一朝師匠。昨年「きよみ寄席」に出演した、6代目春風亭柳朝師匠は総領弟子にあたります。
一朝師匠のレパートリーは100演目をゆうに超え、大河ドラマ「龍馬伝」では江戸ことば指導も行いました。
また笛の名手としても知られており、その腕前は数多くの歌舞伎や落語にてお囃子を担当するほど。
そして女流落語家としてメディア等で活躍中の一朝師匠の愛弟子、二ツ目の春風亭一花さん。落協所属の女流落語家トリオ「おきゃんでぃーず」のメンバーでもあります。七色の声と確かな実力を持ち、笑顔がチャーミングな一花さんは高座に花を添えます。
開口一番は一花さんから。演目は「権助提灯」。続いて真打の一朝師匠が、名作「短命」を演じます。
観客の皆さんは、本格的な古典落語の世界に魅せられ、会場はのっけから爆笑の渦!
トリは一朝師匠による「抜け雀」。円熟の芸を堪能しました。
会場からは「久しぶりに笑いました」「来年以降も続けてほしい」などの嬉しい声を多数いただきました。

20190611_02_yose

春風亭一朝 師匠

20190611_01_yose

春風亭一花さん

【生涯学習委員会より】 6月9日(日) 「花の日」~清見町内一斉花植え~

花は見る人の心を癒し、元気づけます。地域の活性化や景観の美しさを保つのに花の存在は不可欠なものです。
毎年6月第2日曜日は清見町の「花の日」として定められています。今年は9日(日)、町内会や事業所などで一斉花植えが行われました。
この日は生憎の雨にも関わらず、地域の皆さんがたくさん集まってくださいました。その中には小学生の姿も。皆さんは和やかに談笑しながら、花壇にマリーゴールドやサルビア、メランポジウムなど色とりどりの花を植えていきました。

20190609_hana_hp

【生涯学習委員会より】 5月18日(土) 藤瀬ロード花壇 花植え作業

5月18日(土)、清見支所親睦会の会員や生涯学習委員、地域の方々、まち協関係者等25人がせせらぎ街道沿いの藤瀬ロード花壇にて、マツバギクの花植え作業を行いました。

マツバギクは春から初夏にかけて、菊に似た赤紫色の愛らしい花を咲かせる多年草です。

開花する頃には通学通勤の人々やツーリング客などの目を楽しませてくれることでしょう。

20190518_hp