お知らせ


【地域より】 第21回 グラウンド·ゴルフ清見支部大会

9月24日(木)、清見グラウンドにて高山市グラウンド·ゴルフ協会清見支部の秋季大会が行われました。

秋空の下、5チーム22人のみなさんが自慢のスコアを競い、更なる交流を深めました。

尚、接戦を制した上位入賞者は以下のみなさんです。おめでとうございます!

優勝:山下 明彦さん 準優勝:阿礼 勝さん 3位:成田 千代さん

gg01

yamashita_01

【地域より】 9月12日(土) 敬老の祝い

9月12日(土)、高山市の國島市長は市内在住の100歳のお誕生日を迎えるみなさんに市からのお祝いを贈呈、あわせて安倍晋三首相(当時)からの祝詞と記念品を伝達しました。

清見町内では

三ツ谷の 福野     好さん

藤  瀬の 松嶋 粂蔵さん

のお二人が百寿を迎えられます。

生まれてからずっと三ツ谷で暮らしてみえる福野さんは昨年まで畑仕事を続けてこられました。

趣味は短歌で編み物が得意だそう。

好き嫌いなく食事を楽しみ、身体を動かすことを厭わないことがまめに暮らせる秘訣だとか。

松嶋さんの半生はご苦労の連続。4歳で最愛の母を喪い、3年間シベリア抑留での過酷な強制労働を耐え抜きました

帰国後は、神岡営林署に定年まで勤めあげ、91歳まで現役で農業に従事されました。

福野さん、松嶋さん、おめでとうございます。

keirou

【地域より】 9月6日(日) 令和2年度 高山市総合防災訓練

9月6日(日)、藤瀬研修センターにて、高山市総合防災訓練(清見会場)が実施されました。

藤瀬地区は昨年度より住民主体の自主防災組織を立ち上げるなど、一人ひとりの防災意識が特に高いところです。

当日は震度7を想定したシェイクアウト訓練、新型コロナウイルスの感染防止を考慮した避難所運営訓練、消防署員によるAED救命講習や消防団員が対象の災害対応勉強会を行いました。

(今年度、清見町では全ての地区にAEDの設置を計画しています)

 

bousai

【地域より】8月23日(日) 戦没者の追悼法要

今年は第二次世界大戦が終わりを告げてから、75年を迎えます。清見地域でも多くの尊いいのちが失われました。
天候に恵まれた8月23日(日)、清見B&G海洋センター下手の「平和の礎」記念碑にて、「清見平和の礎奉賛会」主催の「戦没者追悼法要」が営まれました。
「平和の礎」には日清・日露戦争及び第1次・第2次世界大戦に出征、戦死した211人のみなさんの霊をお祀りしています。
今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、出席者を遺族会のみなさんと奉賛会の地区委員のみに制限し、執り行いました。
3カ寺の住職による読経の中、参列者のみなさんは順番に焼香を行い、悲惨な戦争を再び繰り返してはならないという、平和への決意を新たにしました。

houuyou

【地域より】 7月4日(水) 坂下~巣野俣間の草刈り作業

20200704_kusakari

7月4日(土)、高山西商工会·ひだ清見観光協会·飛騨高山森林組合の有志50人のみなさんが、激しい雨の中、永代橋から有巣橋間の草刈り作業を行ってくださいました。

【地域より】 7月1日(水) 西ウレ峠周辺の草刈り作業

 

20200701_chouju

7月1日(水)、長寿会による、西ウレ峠を中心としたせせらぎ街道の草刈り作業が行われました。

この日は悪天候にもかかわらず、67人もの会員のみなさんが参加してくださいました。

【地域より】6月28日(日) 三日町白山神社の夏越の大祓(なごしのおおはらえ)

20200628_nagosi

6月28日(日)、三日町白山神社にて「夏越の大祓」が行われました。
夏越の大祓とは、6月の末頃に、生活の中で知らず知らずのうちに身についてしまった罪穢れ、災厄をお祓いをする神事で、清らかな状態で次の半年を過ごせるようになると言われています。
祭殿を前に、大祓詞(おおはらえのことば)を奏上、切幣(きりぬさ)を撒いて、身を清めます。
その後、境内での茅の輪くぐりで厄災を払いました。

 

令和2年度 清見町乳幼児学級 「わくわく教室」学級生募集!

(この事業は、赤い羽根共同募金の配分によって実施しております)

わくわく教室は「親と子が、共に参加する学級」です。

子どもは「赤ちゃん時代」から「幼児時代」へと日々成長していきます。言葉の発達・からだの発達・心の発達(社会性の芽生えなど)と大きく育つ大切な時期でもあります。親同士、子ども同士の交流を通じて、お子さんと一緒に「楽しい学級」「親子ともに育っていける学級」をみんなで作り、活動していきませんか?

【令和2年度の募集について】

〇対象者 清見町在住の乳幼児および保護者(お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、どなたでもOK!)

※仕事をしていての時々参加も可 ※年度途中の加入も可

〇活動日 毎月1~2回 午前10時~11時30分 きよみ館・清見福祉センター 他

〇ねらい 「親子共に仲間とのふれあいを大切にし、ふれあいながら子どもと共に成長する親になろう」

〇会 費 ※行事により参加費が必要な時もあります

〇開級式 4月16日(木) 午前10時~11時30分 清見福祉センター

〇問い合わせ 高山市社会福祉協議会 清見支部 (担当 中島)

〒506-0102 高山市清見町三日町305 2階 TEL・FAX 0577-68-3522

〇締切り 開級式準備のため 3月25日(金) まで!!

10月 みんなで飛騨の里へバスでお出かけをしました

10月 みんなで飛騨の里へバスでお出かけをしました

1月5日(日) 高山市消防出初式 (清見地域)

1月5日(日)、令和初の高山市消防団(清見地域)の消防出初式が行われました。
ウッドフォーラム前広場にて、栗本義浩支団長を先頭に、消防団員133人による分列行進が行われ、背筋を伸ばし行進する団員のみなさんの姿はとても凛々しく、一年の初めを飾るのにふさわしいものでした。
その後、清見ドームに会場を移し、式典が開催されました。
消防長官および知事からの表彰・表彰伝達式につづき、竹製の梯子を用いた、火消しの儀式「階梯操法」を披露。団員が力を合わせて魅せる伝統の技は迫力がありました。

20200105_004hp

栗原支団長率いる分団行進

20200105_014hp

抜群のチームワークて行った階梯操法

「歴史を変える挑戦」に挑む 國學院大學2年生 殿地琢朗さん

20200106_02hp

國島市長(右)と少し緊張気味の琢朗さん(高山市役所市長室にて)

1月3日(金)、箱根駅伝2020(第96回東京箱根間往復大学駅伝競走)にて、清見町出身で國學院大學2年生の殿地琢朗さんが10区の最終走者としてエントリー。
大学名を記した赤紫のたすきを肩にかけた時点では5位でしたが、大きなプレッシャーに打ち勝ち、見事な追い上げで、大学初最高位の3位でゴールを決め、地域住民を感動の渦に巻き込んだことは、皆さんの記憶に新しいことでしょう。
その3日後の6日(月)、琢朗さんはまち協の中村会長や脇坂支所長等と共に、國島市長へ表敬訪問を行い、その成果を報告しました。
市長からは祝福と激励の言葉、そして高山市のシンボルツリーであるイチイの木で作られたストラップが贈られました。
その後、清見支所に立ち寄ると、職員のみなさんより温かい拍手で迎えられました。

20200106_04hp

満面の笑みでポーズをとる琢朗さん (清見支所にて)