お知らせ


清見のまつり

9月5日(水) 牧ヶ洞神社夜祭り

7月の豪雨や台風21号による被害が大きかった清見町ですが、そんな中で、今年も豊作に感謝し、9月1日(土)から22日(土)に掛けて、13の神社では厳かに例祭が執り行われました。
清見町で唯一夜祭りが行われる牧ヶ洞神社。牧ヶ洞においても、4日からの停電で不自由を強いられました。
そんな非常事態の中、地域の皆さんは心を一つにして、夜祭りを行いました。夜祭りでは、獅子舞、闘鶏楽、そして市の無形民俗文化財にも指定されている伊勢神楽を奉納しました。行われた夜祭りは大変幻想的でかつ素晴らしいもので、地域の人々の心を温かく灯すものとなりました。

獅子舞

獅子舞

 

闘鶏楽③

闘鶏楽

伊勢神楽②

伊勢神楽①

伊勢神楽③

伊勢神楽②

 

9月13日(木) 藤瀬神明神社例祭

前日に雨が降り雲行きが怪しい中、藤瀬神明神社の例祭が行われました。
神殿にて浦安の舞が厳かに行われた後、境内にて獅子舞や闘鶏楽が奉納されました。
また校外学習に来ていた清見小2年生がメモを取りながら、祭りの様子を熱心に見学していました。

20180913_001

獅子舞を見学する清見小2年の子ども達

闘鶏楽には小学生も参加

闘鶏楽には小学生も参加

9月15日(土) 福寄白山神社例祭

生憎の悪天候で行列や子ども神輿は中止となりましたが、神殿での儀式終了後は奇跡的に雨が上がり、境内で獅子舞奉納が行われました。

地域の皆さんが見守る中の獅子舞奉納

地域の皆さんが見守る中の獅子舞奉納

お囃子を奏でる地域の人々

お囃子を奏でる地域の人々

9月2日(日) 第3回 せせらぎ運動会

爽やかな晴天の中、清見小・中学校合同の「せせらぎ運動会」が行われました。

花柳琴臣先生のご指導による「やすらいの花(小学4~6年 中学生)」を皮切りに、子ども達は赤団·白団に分かれ、小中合同の大玉送りに各種リレーや綱引きなどの競技に闘志を燃やし、表現種目のダンスで魅せました。

また各団の応援合戦は熱のこもったもので、見る者を圧倒しました。

午前の部を締めくくったのは、運動場に大きな輪を作り、地域の人々も交えて踊った「飛騨やんさ」。清見の団結力を感じさせました。

(画像をクリックしていただくと大きい画面を見ていただけます)

やすらいの花(小4~中3)

やすらいの花(小4~中3)

 

 

 

 

選手宣誓

選手宣誓

両団エール

両団エール

準備体操

準備体操

 

 

 

 

大玉送り

大玉送り

心をひとつに(中学3年)

心をひとつに(中学3年)

表現ダンス「清見のたからじま」(小学校低学年)

 

 

 

 

小中対抗PTA種目(綱引き)

小中対抗PTA種目(綱引き)

棒引き(中学全員)

棒引き(中学全員)

 

 

 

 

表現ダンス「清見っ子SORAN」(小学校中学年)

表現ダンス「清見っ子SORAN」(小学校中学年)

大縄跳び(中学全員)

大縄跳び(中学全員)

低学年リレー(小学校低学年)

低学年リレー(小学校低学年)

 

 

 

 

「飛騨やんさ」を演奏してくださった「民謡むつみ会」のみなさん

「飛騨やんさ」を演奏してくださった「民謡むつみ会」のみなさん

飛騨やんさ(も~かるくんを囲んで)

飛騨やんさ(も~かるくんを囲んで)

地域のみなさんもご一緒に!

地域のみなさんもご一緒に!

応援合戦

応援合戦

 

 

 

 

台風の目(小学校中学年)

台風の目(小学校中学年)

棒立て(中学男子)

棒立て(中学男子)

組体操(小学校高学年)

組体操(小学校高学年)

 

 

6月18日(月) 社会を明るくする運動

「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ」

「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行をした人の立ち直りについて、みんなで考え、犯罪や非行が起きない地域社会をつくろうという、全国で行われている運動です。

今年で68年を迎え、7月1日から7月31日までの一か月間を強化月間として、全国的に活動が展開されます。

清見地区では6月18日(月)、保護司および更生保護女性会の皆さんが各町内会長宅を訪問し、この活動の趣旨を伝え、協力をお願いしました。

kouseihogo


6月10日(日) 第7回 飛騨高山ウルトラマラソン

marason_02

エイドステーションでのヒトコマ①

エイドステーションでの一コマ①

エイドステーションでのヒトコマ②

marason_03

エイドステーションでのヒトコマ③

6月10日(日)、今回で7回目を迎える「飛騨高山ウルトラマラソン」が開催され、全国から3,172人のランナーが出場し、健脚を競いました。

今回のウルトラマラソンには高山市から144人のランナーが出場し、清見町からも4人が出場しました。
清見町が100㎞の部の通過地点となって4年目。メカトロニクス高山メガソーラーパーク付近と最終の第5関門にもなっている公文書館の2箇所にエイドステーションを設け、支所職員、観光協会や商工会の皆さん、まち協の体育委員、ボランティアスタッフなど約60人がランナーの皆さんをもてなしました。
エイドステーションでは人気の「清見サイダー」や猪汁(ししじる)などでその疲れた身体を癒し、ボランティアの皆さんとのふれあいを楽しんだあと、ゴールの高山ビッグアリーナを目指しました。


5月27日(日) 第14回 高山市消防団清見支団操法大会

 小鳥グラウンドにて消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図ることを目的とした、「第14回 高山市消防団清見支団消防操法大会」が開催されました。
 当大会への出動人員は135人。ポンプ·ホースなどの操作を早く正確に行うとともに、団員の動きの綺麗さを競います。
 設置された防水水槽から、給水し、火点(かてん)と呼ばれる的にめがけて放水し、火点の的が倒れるまでの「放水タイム」と「各個動作の正確さ」が採点され順位が決まります。
 当大会では「小型ポンプ操法の部」5班、「ポンプ車操法の部」3班で競いました。
 団員の皆さんは、家族などが見守る中、日頃の練習の成果を存分に発揮しました。

操法1

操法2操法3