【地域より】3月24日(日) コーラスかわせみ 「歌のつどいコンサート」

 3月24日(日)、三日町のRoom335にて、清見町内を中心に活動している合唱団「コーラスかわせみ」による「歌のつどいコンサート」が開催されました。
 会員のみなさんは菜の花色のブラウスと白いロングスカートという春らしい衣装を身にまとい、時折お客さんに愛嬌を振りまきながら登場。
 途中、司会進行の中島美佐子さんによる団の歴史についての解説を交え、清見村イメージソングの「星のふるさと」や「ジブリメドレー」「いい日旅立ち」など全9曲を披露。
 豊富なレパートリーと美しいハーモニーで、会場のお客さんを魅了しました。
 帰り際には、会員のみなさんがお土産を手渡しながら、お客さんをお見送り。
 お客さんは「とても幸せな時間だったわ」と、満足げな表情を浮かべてみえました。

【青少年育成委員会より】3月14日(木) 閉級式とひなまつり

 3月14日(木)は、今年度のわくわく教室の最終日でした。

 14組のおともだち親子が集まってくれました。中には4月からの入園にともない、この日で卒わくするおともだちも。保育園に行っても元気いっぱい遊んでね。

 お誕生日のおともだちをみんなでお祝いしたあとは、わくわくの丸山先生に大型絵本を読んでもらったり、白い紙に手形をとったり、みんなでカップのちらし寿司を作って食べたりしました。

 そしておひなさまの扮装をして記念撮影しました。

清見町まち協だより2024年(令和6年)4月号

06まち協04

清見町まち協だより2024年(令和6年)3月号

06まち協03

令和6年能登半島地震義援金の募金箱を設置しています

 令和6年1月、能登半島を中心に北陸地方に被害をもたらした地震災害による被災地の方々の生活を支援するため、高山市では下記のとおり募金箱を設置しています。お寄せいただいた義援金は、日本赤十字社岐阜県支部を通じて被災された方々に届けられます。
 

 義援金名称:令和6年能登半島地震義援金

 設置場所:清見支所 受付カウンター

 設置期間 令和6年12月27日(金)まで

 皆さまのご支援をお願いします。

「母の鈴」に願いを込めて

 シジミ貝で一つ一つ手作りされる「母の鈴」。
 この鈴を考案したのは、山梨県の甲府刑務所教育課長夫人。昭和61年、夫人が更生施設から出所する人たちに鈴を手渡ししたのが始まり。その2年後、瞬く間に全国へと広がったそうです。
 清見では、毎年、更生保護女性会清見分会のみなさんが、卒業前の中学3年生に「非行に走らないように」と願いをこめ、「母の鈴」を送ります。

【青少年育成委員会より】2月13日(火)「清見の子どもたちの育成を考える会」発足

 全国各地において、少子化や教育を巡る環境の変化を踏まえ、学校教育施設のあり方についての検討や取り組みが行われています。
高山市内でも荘川地域では、令和7年度より小中一貫の義務教育学校となることから、現在校舎の建設が進められています。
 また、朝日・高根地域でも義務教育学校への移行を求める要望書が市に提出されました。
清見地域においては現在、清見小学校の児童数は88名ですが、5年後の令和11年には64名に減少し、複式学級になることが予測されます。
 こうした状況の中、子どもたちにとってより良い教育環境を整備し、活力あるまちづくりを推進するため、今後の学校教育施設のあり方について検討して行くこととなりました。そこで、学校・保育園・保護者・行政・教育関係者・まち協等から構成する「清見の子どもたちの育成を考える会」を2月13日に発足しました。
 今後は、小中一貫教育制度や学校の形態を理解する学習会、先進校の視察、保護者や地域住民へのアンケート及び意見徴収などを行い、清見地域としての考えを取りまとめて市へ提言・要望することとなります。

【地域振興委員会より】 2月7日(水) ワイガヤ会議(あい・あい事業)

 令和4年9月に地域の見守りネットワークの一環として、高齢者のご自宅に手作り弁当を配達する、配食サービス「あい・あい弁当」を開始してから、一年半が経過しました。利用者からは「とてもおいしい」「楽しみにしている」などの多くの意見が寄せられています。
 2月7日(水)には、きよみ館にて清見支所・民生児童委員・Room335・JAひだ・社会福祉協議会・まち協の6団体から「あい・あい事業」に携わる人々が集い、第2回 ワイガヤ会議を行いました。
活動者や利用者から寄せられた要望や意見をもとにし、今後の活動における見直しや目指すべき方向性などについて、意見交換をしました。

新春文化作品展 ご来場ありがとうございました

 1月15日(月)~2月12日(月)、きよみ館2階 ホールにて、地域のみなさんから寄せられた書、絵画、写真、アレンジメント、木目込み人形、小・中学生の絵画や習字などを展示しました。

 たくさんのご来場ありがとうございました。

【体育委員会より】1月21日(日) 第65回 清見町剣道大会・第45回 清見町卓球大会

 1月21日(日)、清見B&G海洋センターにて、剣道・卓球大会を開催しました。
 小学生から一般の約90人(剣道30人・卓球60人)が参加。
 剣道では、聖心館道場の会員及び、「高山中学校西剣道クラブ」(清見・松倉・荘川中学校)の生徒が出場しました。
 また4年ぶりに一般の部も開催。熱のこもった試合が繰り広げられました。
卓球では、一般ダブルスとピンポンダブルスの部に分かれて、トーナメント戦を行いました。親子や夫婦、中には孫と一緒に参加というチームもあり、和やかな雰囲気の中で試合が行われました。